お金を借りる理由

お金を借りる理由は人それぞれですが、業界紙によると圧倒的に生活費名目での借入が多くなっています。

生活費というと抽象的ですが、日々の生活にかかる費用、食費や光熱費、ローンの支払いなどもその範疇に入ってきます。

人によってはより具体的にローン支払い等とするケースももちろんありますが、生活費で通るのであれば、そういう記載をしておくほうが、後々使い方を縛られることがありません。

また、お金を借りる理由として絶対にNGなのが事業資金を使途として申し込むことです。

事業性資金として個人向けのローンを借りることはどこの銀行、消費者金融も禁じています。
事業性資金が必要であれば、事業者ローンを組むか、もしくは手持ちの預金を事業資金として使用したので生活費が足りなくなったということで、生活費名目で申し込むのが良いでしょう。

他に、意外に多いのが、借り換え需要です。

申込時点で他から借り入れがあり、その借入金の返済を目的として新たに借り入れをしたい、そういったケースが近年は非常に多く、全体の1割を超えています。

ただ、借り換えとなると、積極的なところとそうでないところがあります。
申込をする際に、借り換えOKとか、おまとめOKなどと謳っているかどうかを確認してみると良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ