学生でもお金を借りれる?

gakuseika学生であっても、20歳以上であれば、審査のうえで融資をしてくれるカードローンがあります。また、アルバイトでも良いので働いているという状況があれば、申し込める選択肢はさらに広がります。

申し込むカードローンによって、収入が必要な場合や親権者の同意が必要な場合などがありますので、申込み前によく確認しておきましょう。

 

 

アコム

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.0%〜18.0% 来店不要
最短即日
不要 なし 1万〜800万
パート・アルバイト・派遣社員可

消費者金融のアコムは、来店することなくネットからの申し込みが可能です。
しかも、申し込みでは3秒診断が出来るため、審査完了まで最短30分と言う速さです。
また、一定の収入があればパートやアルバイトの方でも融資が可能で、20歳以上の学生も申込みできます。
すぐにお金が必要な時には、審査通過後、即日振込も出来るので困った時に即座に役立つ消費者金融です。
貸入れ、返済にも色んな方法が用意されているため、無理なく計画性を持ってできる方法を選べる点も利用しやすいと言えます。
kasitukejouken

お金を借りる理由

お金を借りる理由は人それぞれですが、業界紙によると圧倒的に生活費名目での借入が多くなっています。

生活費というと抽象的ですが、日々の生活にかかる費用、食費や光熱費、ローンの支払いなどもその範疇に入ってきます。

人によってはより具体的にローン支払い等とするケースももちろんありますが、生活費で通るのであれば、そういう記載をしておくほうが、後々使い方を縛られることがありません。

また、お金を借りる理由として絶対にNGなのが事業資金を使途として申し込むことです。

事業性資金として個人向けのローンを借りることはどこの銀行、消費者金融も禁じています。
事業性資金が必要であれば、事業者ローンを組むか、もしくは手持ちの預金を事業資金として使用したので生活費が足りなくなったということで、生活費名目で申し込むのが良いでしょう。

他に、意外に多いのが、借り換え需要です。

申込時点で他から借り入れがあり、その借入金の返済を目的として新たに借り入れをしたい、そういったケースが近年は非常に多く、全体の1割を超えています。

ただ、借り換えとなると、積極的なところとそうでないところがあります。
申込をする際に、借り換えOKとか、おまとめOKなどと謳っているかどうかを確認してみると良いでしょう。

カードローンの人気どころは?

数あるカードローン、キャッシングの中で、お金を借りたい人が良く選ぶ人気のカードローンは、やはりお堅いイメージの銀行のカードローンです。

10年ほど前までは銀行よりは消費者金融のキャッシングが資金需要者には一般的だったこともありますが、最近では各銀行とも個人向けの融資の商品としてカードローンを積極的にアピールしていることもあり、すっかり浸透してきた感があります。
ATMでお金を引き出す際も、カードローンの宣伝画面が強制的に表示されるような銀行もあり、力の入れようが一昔前とは違ってきているといってよいでしょう。

また、借り手にしても、やはり、多重債務などの問題や、取り立てに対するマイナスのイメージがつきまとう消費者金融よりは銀行の方がより安心して借りられるということだといえます。

そして、銀行の中でも、さらに人気なのが大銀行とネット銀行です。

新聞やテレビで取り上げられることの多い資本のより大きな銀行とインターネットでの営業に特化して利便性を追及しているネット銀行に人気が集中してきています。

これは、一つには地元の地方銀行や信用金庫では面が割れる可能性があるということ、さらに審査に1か月近くかかることも珍しくないということなどが背景にあると考えられます。

インターネットを使って積極的にカードローンの宣伝をしているようなところは、当たり前のように審査のスピードを上げてきており、仮審査ベースなら当日中に結果がわかるというケースがむしろ一般的とさえいえます。

そういったスペック面でも銀行のカードローンが人気が高くなってきています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ